2007年03月18日

神様からひと言

azy#&#.jpg


「神様からひと言」  荻原 浩 

佐倉涼平27歳 大手広告代理店から中堅メーカの珠川食品に転職して4ヶ月 
販売促進課の涼平がネーミング案を任され新製品の決済会議へ望んだのだが
ここでトラブルを起こしてしまい余儀なく配置転換させられてしまった
この会社の新商品とはTF01LL=タマちゃんカップ生ラーメン

異動先は総務部「お客様相談室」で社内ではリストラ要因強制収容所と
呼ばれている部署で お客様からのクレーム処理(もみ消す)で奮闘する
悲喜こもごも 意外に深い仕事をメンバーでこなしていく

社訓「お客様の声は 神様のひと言」なのだが
実態はずさんな管理と責任逃れの崩れた社内の経営体質

涼平のプライベートな部分も大変な状況

この作品にはユーモアがありストーリーが面白くてのめりこんでしまうので
読んでいても飽きがこないばかりか時間を忘れてしまう

本書はサラリーマンだけでなく働く人々に元気をもらえる痛快な書でした

posted by ひこぼし at 18:12| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。