2006年02月24日

雛人形

雛人形001.jpg

我が家には娘が一人おりまして 

もう社会人としてインテリアコーディネートの仕事をしています

娘の幸せを祈って初節句から毎年雛人形を飾っているわけですが

今では当の本人は毎日忙しくしていて雛飾りなど他人事のよう


雛人形002.jpg

飾り付けの時に毎年思うこと

男雛と女雛 右・左 さあどっちが本当?

本来は男雛が左 女雛が右 だったようです

これは日の出の方角が上座(左側) 日の入りの方角が下座(右側)であったために

雛人形もこのように並べていました

ちなみに京都では御所を中心にしているので東が左京 西が右京となっています

しかし昭和天皇の即位の儀が行われた際に

国際的にプロトコル(外交儀礼)が右上位だったため天皇が右 皇后が左に座したので

この頃から東京では男雛が右 女雛が左 となり全国に広がったようです

伝統を重んじる京都では今でも男雛が左 女雛が右 に並べています

我が家では意味もわからず説明書の絵を見ながら並べています わーい(嬉しい顔)

余談ですが男女のカップルが並んで歩く時 あなたはどっちに位置しますか?

利き手と支配力が関係しているそうです

     支配型 : 利き手と反対側に相手を位置させる

     依存型 : 利き手側に相手を位置させる       

posted by ひこぼし at 23:42| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
京都国立博物館の雛人形展を見に行って来ました。
展示されていたお雛さんは、ぜんぶ、この写真とは反対に女雛と男雛が置かれていましたよ。
Posted by よりりん at 2006年02月25日 01:47
よりりんさん

京都の雛人形は歴史が物語っていますから
伝統文化がよく伝わってきますね。
Posted by ひこぼし at 2006年02月25日 22:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。