2008年07月12日

雲上の夕日

kpyu#01.jpg


八重山諸島の島巡りの帰路

高度3000mから見た機内からの光景

夕暮れ時 太陽は雲の中

陽が沈みかけて西の空はみるみるオレンジ色に染まっていった


kpyu#02.jpg


kpyu#03.jpg


やがて太陽が顔を出すといちだんと赤く赤く塗りつぶされ

神秘的な空間を演出してくれた

自然の芸術ショーをしばし楽しんだ空の旅でした


kpyu#04.jpg
posted by ひこぼし at 21:35| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは〜!

オレンジ色の空の変化、
すっごくきれいです!!
ほんと神秘的です。
こんな幻想的な光景に遭遇されて
ラッキーでしたね!!

Posted by kazu at 2008年07月13日 13:02
kazu さん

飛行機の窓越しから眺めて感動したぐらい
汚れたガラスがないともっとすばらしいでしょうね
夕日って沈むのが早いです
でも神秘的な自然は凄かった!
Posted by ひこぼし at 2008年07月13日 22:59
飛行機から写真が撮れるんですね。
地上からは絶対と言っていいほどこれほど神秘的な夕陽はないですね。
雲海に沈む太陽、狙っておられたのでしょうか〜
すご〜く美しい!!! 見事な撮影(拍手ぅ)

今時恥ずかしながら乗ったことがないんですぅ、、、
高所恐怖症と酔いがありますので益々遠ざかりそうです。

Posted by peko at 2008年07月14日 17:18
peko さん

帰路は窓際の座席だったので
とりあえずコンデジを持っていました
上空の雲を見るのが好きで度々撮りますが
まさかきれいな夕日を見れるなんて思っていませんでしたので
感動して沈むまで見てましたよ。
Posted by ひこぼし at 2008年07月14日 22:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。